プロフィール

兼子真一

現代アーティスト。1974年愛知県生まれ。神奈川県在住。 東京藝術大学デザイン科卒業(1999)。東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了(2001)。 「関係」をテーマに、春画の手足に着想を得た「the Couple」シリーズを制作。手足の「もつれ」から「関係」の可視化を試みてその美を模索する。彫刻・絵画・ドローイングなど多岐にわたる表現で展開する。 主な展示は、画廊宮坂(2005~)、国登録有形文化財・旧近藤邸(2013)、由布院アートホール(2011)などで個展のほか展示多数。アートフェア東京(2016)、英国での彫刻展 Fresh air(2013)に出展。その他に、iichiko(焼酎)の雑誌広告にドローイングが起用(2018.6〜)。

 

the Couple シリーズ

“ぼくは、目の前で起こる現象よりも、それらを生み出す「関係」に興味がある。あらゆる物事をつなげ、そのすべてを変えていく、目には見えない関わりと交わり。いつからかそれが、美しくて複雑な「もつれ」として、ぼくの前でうごめき始めた。...

 

Exhibitions

兼子真一 個展

「the Couple vol.5 -もつれあいのダンス」

2019.3.4 (月) - 3.9 (土)

 

かねこしんいちのアートワーク。KANEKO Shinichi Works
「ショウゾウガ」プロジェクト