兼子真一ドローイング展
[10秒の遊戯]

▪ Future Exhibition ▪

日々描き溜めた1500点を超えるドローイングの中から、 10秒間で完結した作品だけを収集。
身体がおもむくまま、一息に描きあげたラインは 思考することの下に潜む欲動をたたえています。
それは意図も意味をも超え、緩やかさと緊張が混在する兼子真一の10秒の遊戯。
どうぞご高覧くださいませ。

2018.11.23(金)-12.2(日) | 12:00-19:00 入場無料 | *11/26(月) 27(火) 休み

Akane Lounge

 

兼子真一|KANEKO Shinichi

1974年生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。《関係》をテーマに、春画における手足の表現を引用した「the Couple」シリーズを制作する。彫刻・絵画・ドローイングなど、様々な表現での展開を試みている。国登録有形文化財・旧近藤邸(2013)、由布院アートホール(2011)などで個展のほか展示多数。アートフェア東京(2016)、英国での彫刻展 Fresh air(2013)に出展。iichiko雑誌広告のイラスト(2018.6~)なども手がける。

Born in 1974 in Aichi Prefecture, Japan. Currently working in Tokyo and Kanagawa Prefecture. After graduating from the Department of Design, Faculty of Fine Arts, Tokyo University of the Arts, he went on to complete the university's Graduate School of Fine Arts doctoral course in design. While at the university, he studied spatial design and started his work with sculpture. The artist creates sculptures of pigmented cement with additional surface colors. By entwining two figures and blending their boundaries, he exposes and gives physical shape to the relationships found between all of us. One of his recent outstanding achievements is "the Couple" Series (2013 onward) inspired by the expression of hands, feet, and limbs in the shunga prints of the Edo period.

 

The Couple Series

春画の手足を引用して《関係》を可視化する「the Couple」シリーズ

'the Couple' Series Inspired by the expression of hands, feet, and limbs in the SHUNGA of the Edo period.

 

かねこしんいちのアートワーク
かねこしんいちのアートワーク

「ショウゾウガ」プロジェクト

 'SHOZOGA' Portrait Project

KANEKO Shinichi Exhibitions

Past Exhibitions